プロフィール

やまなか

Author:やまなか

ラーメン

好きなラーメン屋がある。
近くに行く用事があると、寄りたくなっちゃうような。
チェーン店だから、いろんなところに店舗があって、
まぁ何店舗かには行くわけなんだけど。

中でも一店舗、すごく美味しいところがある。
最初にその店に行ったから、このラーメン屋をリピートする気になった、というくらい。

チェーン店なのに、何が違うんだろう? もちろんスープの味は同じ。
でもその美味しい店舗には、なんというか、一口食べて感動があるんだよね。
他の店舗も、おいしいはおいしくて、
「うん、うまいね」って思うんだけど、“感動”までいかないのよ。

スープの微妙な温度の差とか、そういうところなのかもしれない。
と、最近思ってる。
野菜がね、美味しい店舗以外のところのは、ほんの少しだけぬるい気がする。(※冷たくはない)
美味しい店舗のところは、野菜までしっかり温かい。
その野菜のぬるさが、微妙にスープの温度を下げてしまっているのか?とか。
別に、スープがぬるいなぁと感じるわけではないのだが。

美味しい店舗が一手間加えてるのか、
他店舗が一手間省いてしまっているのか、
はたまたそういうところではない、まったく関係のないところの話なのか、
それはわからないけど、とにかくこの、“感動”のあるなしの差は大きい。
“感動”があるからまたリピートしたくなる。
「うん、うまいね」「悪くなかった」くらいだと、リピートしないんだよね。


表現も、一緒だな、って思った。
役者でもそう、作家さんでもイラストレーターさんでもミュージシャンの方でもそうなんだと思うんだけど、
ただ「うまい」とか「面白い」だけじゃなく、人に「感動」を与えられないと、
「リピート」してもらえないんだよね、きっと。
なにかしら、人の“心”に響かないと。

心に響かせることの出来る役者にならなければ。日々精進していけるよう頑張らねば。

そんなことを考えながら、感動を与えてくれる店舗のラーメンを食べたのであった。