思いを馳せる。

人間関係というのは実に難しい、なんて感じること少なくないんじゃないかと思います。

言葉を交わして伝えても、相手に理解してもらえない、想いが届かない。
逆に、相手の言動の意図や想いが、自分にはわからない、伝わらない。
・・・どちらも辛いですね;

特に最近は、直接対面してでの会話ではなく、メールやSNSでのやりとりも増え、
伝わらないことや誤解を生むことも多くなっている気がします。
実際、メールのやりとりだとすれ違いばかりというか、なんかいまいちうまく絡まない友人がいるのだけど、
会って飲み語ったら、別にそんなこともなく、普通に楽しくやれたり。
無機質な活字というのは、やはりいろいろな想い等が乗りづらいんだな、なんて思います。


ツーカーの仲、なんて言葉も聞きますね。いいですよね。
価値観や感性が似た者同士だとそういうこともありますけど、
もちろん感覚や価値観なんて十人十色で、ツーカーで通じる相手なんてそうそう見つかりません。
だから言葉を尽くして相手に理解してもらおうとしたり、相手を理解しようとするわけなんですけど、
うまくいかないときというのが、たまにあったりするんですよね;

「お前には私の気持ちはわからないだろう」と言われたことがあります。
ごめんなさい、正直、わからないです。。。
でも、想いを馳せることは出来ます。想像をすることは出来ます。
「自分はこういう時、こういう風に思うから、この人もこういう気持ちなのかな・・・」
または、
「この人はこういう人なんじゃないかと思うから、今はこんな気持ちなのかもしれない・・・」
と、自分なりに相手の立場に立って想いを馳せたり、
自分なりに相手の人となりを考えた上で、想いを馳せることは出来ます。
だけど残念ながら、先述の通り、人の感性や価値観は様々であるため、
たとえ同じ事象に合っても、相手は自分とまったく違った気持ちを持つこともあります。
それなので、「お前には私の気持ちはわからないだろう」と言われると、残念ですが、
わかりませんと言わざるを得ません。。。
他人は自分ではないので、その気持ちを隅々まで理解することは出来ません・・・。
悲しいですね・・・。

でも、他人の気持ちを隅々まで実感を伴って理解できてしまったら、
人間、生きていけないだろうな、とも思います。
世の中、悲しいことが溢れています。今こうしてる間にも、
人が死に、恋人同士が別れ、様々なことで苦しんでいる人がたくさんいます。
それらを自分の身に起こったことと同レベルの実感を伴って理解できてしまったら、
辛くて辛くて苦しくて苦しくて、人間は生きていけないんじゃないかと思います。
・・・でも、想いを馳せることは出来ます。
たとえ実感を伴った理解は出来なくても、人の悲しみ苦しみを想像し、心を強く痛め、涙し、
悲しみ苦しみに暮れた人の幸せを、心から祈ることは出来ます。


僕は、時に人の気持ちを理解してあげられていなくて、
意図せず人を傷つけてしまうこともあります。
本当にごめんなさい。
僕の取った行動が理不尽だと感じ、悲しみ怒られた方。
僕はその怒りを厳粛に受け止めます。
そして、そのことに関して僕は、心からお詫びいたします。
僕は人を理解してあげられていないかもしれませんが、
それでも、自分なりに精一杯想いを馳せ、心からお詫びいたします。
悲しみ苦しみが消えるよう、心から祈っております。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント