プロフィール

Yama

Author:Yama

レトロン5でプレイ。ドラゴンクエスト

もはや説明不要の有名タイトル!
DQ01.jpg
ドラゴンクエスト!

1986年5月に発売されたこのゲーム。
家庭用ゲーム機では初めてのオリジナルタイトルのロールプレイングゲームなんだそう。
キャラクターデザインやモンスターデザインはなんと、
Dr.スランプやドラゴンボールの鳥山明さん。
当時の少年少女が注目しないわけがありませんね!

・・・念のため言っておきますが、今回けっこうネタバレ含みます><
浸透しまくった情報ばかりではありますけども、お若い方で、まだ未プレイで、
これからスマホ版等のリメイク版を初プレイする、といった方がいましたら、
ご注意くださいませ・・・!!


Dragon Quest (Japan)-0
さてさて、ドラゴンクエストの舞台であるアレフガルドは、
かつて大魔王の手により闇に閉ざされていたらしい。
しかしそこに現れた伝説の勇者ロトによって大魔王は倒され、
魔物たちも光の玉によって封印され、アレフガルドに平和が訪れた。

それから月日は流れ、この地に再び邪悪な者が現れた。その者の名は竜王。
竜王は、アレフガルドを治めるラダトームから、光の玉とローラ姫を奪った。
その結果、アレフガルドは再び魔物の蔓延る世界になった・・・。
そんな時、ある預言者がこう予言したんだそう。
「勇者ロトの血を引く者がいずこからか現れ、竜王を討ち滅ぼすであろう」
予言通り現れた、ロトの血を引く勇者が、主人公(プレイヤー)である、
ということですな。

ということで、今回はロトの子孫となって、竜王討伐の旅に出ます。
ちなみに言ってしまうと、かつてアレフガルドを救った伝説の勇者ロトというのは、
続編であるドラゴンクエスト3の主人公のこと。
時系列で並べると、3→1→2 となるのです。
この3作を「ロト三部作」といったります。
こういう、シリーズ間の繋がりがあるゲームって好きなんですよねぇ僕。

Dragon Quest (Japan)-1
左がラダトーム城。ゲームのスタートはこの城から。
下に見えるは竜王の城。
ラスボスの城が、スタートする城から既に見えているというのも、
当時は衝撃的だったんじゃないですかね?

Dragon Quest (Japan)-2
ローラ姫を助けると、しっかりお姫様抱っこで城へエスコートします。
なにげに芸が細かい!
そしてお姫様を助けた後も物語が続くというのも、当時は新鮮だったんじゃないだろうか、
と予想します(笑)

Dragon Quest (Japan)-5
お約束。ローラ姫を連れている状態で宿屋に泊まると…
「ゆうべは おたのしみでしたね。」
とからかわれる。
どこかで一度は聞いたことあるんじゃないですかね? このセリフ(笑)
なにをたのしんでいたのか?なんて、当時はおろか、
いまだって僕はよくわかっておりません(すっとぼけ)

Dragon Quest (Japan)-7
普段ならこうなのです。
「ゆうべは よく おやすみでしたね。」
いやもう、ほんと、、、芸が細かいです…!

Dragon Quest (Japan)-9
そして、かつてロトが歩んだ道をなぞる形で、竜王の棲まう魔の島へ渡り、
最後の決戦・・・!
旅の中で手に入れた、伝説の勇者ロトが遺した武具、
ロトのよろいが竜王の攻撃を防ぎ、ロトのつるぎが竜王の体を貫きます!


アレフガルドに再び平和を取り戻したロトの血を引く勇者は、
ローラ姫と共に、新たな旅に出るのであった・・・!

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント