プロフィール

やまなか

Author:やまなか

ドラゴンズドグマオンラインプレイ中

8月31日に正式サービス開始。
正式サービス前に先行してアーリーアクセスできるというパッケージが8月27日に発売。
ドラゴンズドグマ オンライン。
DDON.jpg

前作、前々作も僕はどハマりしてプレイしていましたよ。
前作までは一人プレイ用のオフラインゲームだったんだけど、今作はオンライン!
ということで、発表当初からとても楽しみにしておりました。
レトロゲームをしばし休憩して(笑)、プレイしております。
ドラゴンズドグマ オンライン_20150831050115
AIで動く仲間を連れて、一人でプレイするも楽しい。

ドラゴンズドグマ オンライン_20150831045844_2
友人と一緒にプレイするも、もちろん楽しい。
ちなみに左のキャラは、同じ事務所の間宮くんのキャラ(笑)

Dragons Dogma Online__2_2
王道的なファンタジー世界観が好きな人にはたまらないですなー。

PC、PS3、PS4のマルチとのことで、僕はPS4でのプレイ。
PS3とのマルチだし、PS4全力の画質というわけでもないのかもしれないけど、
それでもだいぶ綺麗。
ドラゴンズドグマ オンライン_20150905032549_2
木漏れ日の感じとか、普通にすごいなぁ、綺麗だなぁ、と感じてしまいます。
「龍が如く」にハマって歌舞伎町を闊歩したくなるのと同じ現象で、
森林浴になんか行きたくなっちゃったりしますわね(笑)

最新のゲームには最新のゲームの良さ。
レトロゲームにはレトロゲームの良さがありますな。
いや、レトロゲームだって当時には最新のゲームなわけだから、
これはちょっと語弊がありますかね? いやそんなことないか。
まぁともあれ、つまりあれだ。ゲーム面白い(爆)

銀河お嬢様伝説ユナ REMIX

セガサターンのゲーム、銀河お嬢様伝説ユナREMIXをプレイしました。
y8.jpg
1992年にハドソンさんよりPCエンジンSUPER CD-ROM2用ゲームとして発売された
銀河お嬢様伝説ユナのリメイク作品。
PCエンジン版は過去にプレイ済みですが、リメイク版は初。
いやぁ、懐かしくて唸りまくった!(笑) 中学生の頃にプレイしてたなぁ。

友達が勝手に応募した「銀河お嬢様コンテスト」でグランプリをとってしまった
普通の女子校生・神楽坂優奈が、アイドル歌手デビュー。
学業に、芸能活動に、大忙し。
さらには「光の救世主」として、「闇」から宇宙を守る戦いに身を投じる羽目に。
迫り来るは、闇に心を覆われてしまった「暗黒お嬢様13人衆」

そんなこんなで、美少女ヒロインものの中でも、コメディ寄りな雰囲気。
シリアスなところはどシリアスですけど。後のシリーズ作品になると特に。

主人公ユナは、おっちょこちょいで、勉強苦手で、運動音痴で。
だけど心優しい明るい女の子。そんなヒロイン像。CVは横山智佐さん。
そして、特記すべき!と思ってしまったので書きますが、
ユナのお父さん役を、広井王子さんが演じてらっしゃいました。
いい声ですよね、広井王子さん!

y6.jpg
ゲームとしてはオーソドックスなアドベンチャーゲーム。
選択肢を選んで進めていくスタイルですな。

y5.jpg
迫る来る暗黒お嬢様たち。

y7.jpg
バトルシーン。

主人公が光の救世主にしてアイドルということで、歌が多いのもこのシリーズの特徴かと。
横山智佐さんが歌うキャラソンの数々は名曲揃いで、この作品を彩ります。

y1.jpg
さてさて。そんな感じで無事クリアしました。
PSPで、PCエンジンコレクションなるものがあって、
そちらにPCエンジン版の1と2が収録されてるようですな(^v^)
今やるならそれが一番現実的なのかも?
DL版もあればなぁ、Vitaでも出来るのになぁ(・・)

ファミコン探偵倶楽部PartII

さて。WiiUバーチャルコンソールの、
ファミコン探偵倶楽部PartIIを購入、プレイしましたよ!
IMG_3011.jpg
Wiiや3DSではディスクシステム版も配信されているようだけど、
WiiUではSFC版のみの配信。
友人にもSFC版の方を強く勧められたし、
どうしても原作を!という拘りがあるわけでもないので、素直にSFC版を購入。

tantei2_02.jpg
自分の名前プレイ(笑) 特に少年時代当時はそうしてたなぁ。
まぁ、特に他の名前が思い浮かぶわけでもなかったし。
それにしても、前作の時にも思ったけど、フルネーム付けられるって珍しい、
なんて思った。

しかしさすがSFC版! ディスクシステム版からの進化がすごく感じられますな。
音楽もそうだし、グラフィックもそう。
tantei06.jpg
tantei2_03.jpg
あゆみちゃんもずいぶん綺麗になって(笑)
上が前作、下がPartII SFC版のあゆみちゃん。

ドット絵なんて、もう職人技じゃないですかね?
すごく凝られていて、丁寧に作りこまれたグラフィックなのではないかと感じました。
とある漫画家様も「たくさんの制限の中、技術が研ぎ澄まされた最先端」とおっしゃっておられました。
これだけでもプレイしてみる価値のあるものなんじゃないかと思ったり。

ストーリーは前作よりホラーテイストも加味されていて、
怖い話好き系男子の僕としては、とても好物な感じでした(爆)

あまりにも周りの評価が高すぎて、僕の中でものすごくハードルが上がった状態でのプレイだったけど、
いやはや、しっかり楽しめましたわー! 面白かったー!

ファミコン探偵倶楽部

WiiUのバーチャルコンソール、今度は
「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」
をプレイしました。
tantei01
1988年にディスクシステムで発売されたゲーム。
僕は未プレイだったんだけど、仲間内で評判が良かったこともあり購入してみました。
初プレイー!

tantei02
こういうアドベンチャーゲームをやるの久しぶり。
難易度的には、「しらべる」とか「おもいだす」とかを一通り総当りしてってもクリアできる感じだから、そんなに難しくはないのかな?
ドラマ性、物語性重視とのことで、プレイヤー自身が推理して謎を解くなんて場面もあまりなく、するっとプレイしやすい感じ。

tantei03
バーチャルコンソールには前後編とも1本に入っておりました。

印象に残る、雰囲気を盛り上げてくれるBGMに、
シリアスな物語展開で、なかなかにやりごたえがあるね!
面白かったー!

続編も出ているようなので、そちらもプレイしてみるつもり。
仲間によると、続編の方がさらに面白いとのことなので、
楽しみでありんす(笑)

バーチャルコンソール、ゼルダの伝説

WiiUのバーチャルコンソール、『ゼルダの伝説』をやりました!
IMG_2957.jpg

バーチャルコンソールのゼルダの伝説は、Wiiでも一度やってるんですよね。
その時にブログも書いてました(笑)
http://yamatimes.blog8.fc2.com/blog-entry-113.html
2010年6月21日のブログだから、5年前かー。

Wiiのバーチャルコンソールのゼルダの伝説が、ファミコン版。
WiiUのバーチャルコンソールのゼルダの伝説が、ディスクシステム版。
内容は一緒。グラフィックも一緒。なにが違うのかというと、『音』ですね。はい。

ディスクシステムにはPWM音源というのもが内臓されているんだそうで、
ファミコン版ではその音色が使えないとのことなんだそう。
実は5年前にWiiでプレイしたときに、軽く違和感を覚えたんですよね。
WiiU版やってスッキリした。「あぁ!違和感の正体は音だ!」と。

僕が幼少期に鬼のようにやったのはディスクシステムだったんで、
今回WiiUでやったときの『音』を聴いて、「そう!これこれ!」ってなったんです(笑)

本当に小さい頃にハマッたので、僕へのこのゲームの影響ってデカイと思うんですよね。
剣やモンスターのファンタジー世界観が好きになったのもこのゲームがきっかけだろうし、
当時、ごっこ遊びもしましてね。おもちゃの剣作ってさ(笑)
幼少期のごっこ遊び=芝居心の芽生え とも言えるような気もするから、
役者山中の原点でもあるかもしれんよ、もしかしたらね。

zel01.jpg
緑色の服のリンクが、青い指輪買うと、青い服になるんだよね。
子供心に興奮したなぁ。

zel03
で、最後の迷宮にある赤い指輪を取ると、赤い服に。
今じゃ当たり前の演出というか、装備でグラフィックが変わるのも普通になったけど、
当時はこんなちょっとの変化で、すげー!なんて思ったなぁ。

zel04
当時のゲームって、ヒントがほんと少なかったなぁ。
このボスの倒し方だって、はっきりとは誰も教えてくれない(笑)
ゲーム中に得た情報をヒントに、試行錯誤して、やっと撃破って感じだった。

zel06
クリア後は、難易度がアップした2周目、、、当時は裏ゼルダなんていってたんだけど、
それが始められるようになる。
ちなみに「7」って数字は、これは僕が操るリンクが7回やられたってことです(苦笑)
当時はでも、100近い数字になってたと思った。
ゲームをセーブするためにも、やられなきゃならなかったしね。

それにしても最近の家庭用ゲーム機。
WiiUにしてもPS4にしてもVitaにしても、こうしてスクリーンショットが撮れるの嬉しい!
撮っちゃいけないシーン(※重要なイベントシーン等)では、しっかり撮れなくなったり、
ゲームによっては撮れないといった制限があるのだけど、
だからこそ、撮れるものに関しては、こうしてSNSやブログにアップできるというもの。

ゲームプレイ配信なんかもしてみたいなー。
基本的には許可を得ないと著作権的にNGだろうけど、
PS4のソフトなんかだと、認められているものも多いみたいだし。

ま、下手なんですけどね! ゲーム!
でも大好きなんだよーぅ(笑)